2017年5月24日水曜日

ツバメ 求愛?

一羽のツバメが電線に止まっていた。

最初は一羽で,静かに

その上に,もう一羽

しばらくすると
後から来た一羽が
最初の一羽にチョッカイを掛ける

飛び掛かかっても
淡々といなされちゃったけど

また接近

そして右隣(画面)に留まります

そうしたら面白いことが(^-^;
最初の一羽が 少しずつ左に離れていきます。
一歩づつ少しずつ 少しずつ

そして この距離まで離れると

ちょっかい出した一羽は,
一旦飛び去り


別の場所に

気持ちの整理/状況判断/作戦の練り直し 
のあと 再度飛び上がり

また接近
  
さらに激しく接近

しかし また相手にされず

あきらめて(?)飛び去ります

静かになりました

最初から居た一羽は
しばらくそのままとどまった後

どこかへ飛び去れました。

求愛行動だったのか?
ふられたのか?
ただの遊びなのか?
やくざの因縁付けなのか?




本当のところは判りませんが
もし求愛だったならば
その行動は人間も見習うべきかな と


一回であきらめることなく
二回は行動するが
三回はしない

2017年5月23日火曜日

上り貨物の時間 側面に陽編

夏至の頃
太陽は東から北へ30°も回り込んだ位置から
地上に顔を出す
 
 
東海道線のように東西に線路が伸びる線路では
南面だからと云って 
陽が当たらない時間帯なのでやや厄介だ。
 
 
ここも線路の向きは 東北東から西南西 なので
日の出時間には南面には陽が当たらない。
 
 
5:11 5059レ
5:14 56レ
太陽はどんどん高く
5:14 56レ→  5071レ←
5071レ
5:25 68レ 露出ISO800 1/500 f8
68レ 逆光で遊ぶ
貨物線を回送列車が行く

5:53 5062レ 露出ISO400 1/1000 f8
露出値はすでに通常値 
南サイドにはまだ陽が当たらない
6:03 1526E 熱海→高崎
フロントガラスの反射光が強烈です。
運転士さんもまぶしいでしょうね
6:04 70レ
6:13 5032M  サンライズ出雲/瀬戸
唯一の夜行寝台列車
6:24 3074レ EF641008 
海線を走る山岳機関車
6:36 1830E 3452Mおはよう新宿22号
6:36 回送 貨物線でライナー車両の送り込みです
6:52 5086レ EF652117
機関車南側手すりに陽が当たり始めました。
あと数分で南側面にも日が当たり始めますね。
このアングルでも太陽が視野に入らなくなりました。
側面に陽が当たり始めるのは 夏至の頃で
日の出後1時間30分たってからでしょうか


上り貨物列車はこれでおしまい
次は 下り50分後 上りは2時間後です。
 
 
おはようライナーは185系ばかりなので
これにて撤収です。
 
 
Q: 185系そろそろ置き換えですが撮らないんですか?

はい! 来ればなんでも撮りますが,葬式鉄はしないんで。
 
 
Q: これから
おはようライナーが10分おきに7本も来るし
やっと陽が側面にも回り始めたのに撤収ですか?
 
はい,撤収です, 変人ですから。 はい!

2017年5月22日月曜日

上り貨物の時間 ひので編 

東海道線平塚付近では
朝3時頃から6時半まで 上りの貨物列車のラッシュアワー
この間に不定期も含めて23本5分から10分間隔で貨物列車がやってくる。
 
 
さすがに3時はこの時期もまだ真っ暗。
では何時から明るくなるの?
 
 
天文年鑑(2017年)によると6/8~6/20の間は日の出時刻は4:25
5/5~7/26の間は4:25~45の日の出です。
 
 
では何時から写真が撮れるの?
 
 
今のカメラ とてつもなくISO感度を高く設定できますが
目安として ISO6400 1/125 f4
日の出時間4:35の快晴の日 4:20 でOKでした。
まあ 列車は暗 ライトは明 の写真ですが。
 
 
それがこれです
4:18 64レ 300mmで 
 
 
70mmの距離まで接近すれば
まあ列車は判ります。
写真として 良い・悪い は別として
ちなみにこの列車の機関士さん
遠方ではハイビームでしたが
近くに来た時には減光してくれました。
 
 
意識して減光してくれた と理解します。
ありがとうございました
 
 
 
4:25 3071レEF65でしたが 
いきなり音もなく(そろそろ難聴?)旅客線で接近   
失敗しました。
4:32 50レ 4分で少し明るく
近距離ではしっかり明るく
4:38 1071レ 旅客線をやってきました
日の出時間は過ぎましたが太陽は山の向こう
空はかなり明るい
4:43 52レ  
空はこんな感じ 山のすぐ下に太陽 って感じ
4:49 1088レ 太陽はまだですが明るい
露出は ISO1600 1/320 f4.5
4:54 5054レ 
貨物チャンネルで事前に確認済み通りEF200が代走でした
太陽はまだ出ていないので
正面の明かりは 「間接照明」効果 です
4:55 山の上に太陽がほんの僅かに顔も見せました。
ここでの本当の日の出時間は
水平線時間4:35(東京)より20分遅れでした。

5:00 1096レ 陽が当たり始めました
露出ISO1600 1/500 f8 
前部標識灯で惑わされるのでマニュアルです
ちなみに色温度もマニュアル 太陽光5200°
日の出時間でも です。

5:00の太陽はすでに全身露出状態
黄砂なのか,モヤなのか 黄色い空です。
 
 
太陽が姿現したので ちょっと休憩
ファミマのおにぎり
梅とピリ辛なんとか 食べます。
 
 
ちなみに私 コンビニはファミマ派
酒を買うときは 「絶対ファミマ」 です。
 
 
なぜなら 「ボタン押してください」 
って言われないから。

2017年5月21日日曜日

Oゲージ3 ガラクタ編2

Oゲージ3 は正確にどころか
まったくOゲージの話ではなく,
他のゲージの話です。

Oゲージの部品を探していたら
出てきました。
またまたガラクタが

今度はそんなガラクタの紹介です。
16.5mmゲージ用の部品です。

DT15やTR40の工具穴が8個のタイプ見たい
何に使ったのか,わかりません






TR14と裏に刻印されている。
おそらくTR14として購入したんではなくて
TR11とかDT11などの代用だろうな



  
DT23 
実物はTRでしたが クロ151を作ったとき の部品
大好きな台車でした。
きれいにしてあげなければいけませんね

DT24 DT23より背が高い
クハ153+モハ152+モハ153+クハ153 作りました。
車輪 いいね




AU12ユニットクーラー

JNR153系のベンチレータ

PS10かPS11でしょうか

今はNゲージが主体で,
16番はガラクタを持っているだけ
でも おもちゃじゃなく「模型」ですね。

見ているだけで 大満足