2017年4月24日月曜日

磐越西線 6

三日間の最後の行程です。

午後の開始は昨日と同じ山都-荻野
雨は上がったようです。

S字カーブで撮るとき
浅い位置で撮るか,深い位置で撮るか
位置取りで迷います。

今日は,全域で客車側面が見える
浅い撮影位置に変えてみます。

233D


 反対方向も浅い位置で
234D



時間です

煙が多くて
位置を変えた結果が見えません


そして昨日と同様に安全運転で日出谷へ

今回は正面から
日出谷-鹿瀬


三川駅先
今日は後ろの残雪の山が見えてます。
さぁ 今回の最後の列車が出発です。


 今日のドレインはここまで


信越・磐西の三日間 ぜんぶ雨

信越線では青い海が見られませんでしたが
磐越西線では
気温が低く,煙が良く出ていましたね。

結果オーライです。

ここですべての行動が終了

一般道で馬下,村松を通り燕三条から関越道
栄PAでの夕食後,同行車とのお別れ。
鶴ヶ島から圏央道,新湘南バイパス,大船経由で
24時過ぎに帰宅でした。

2017年4月23日日曜日

磐越西線 5

翌日は朝から雨
それも時々しっかりと降っています。

三日間すべて雨・曇りは初めてです。

今朝は五十島の先
2331D


228D キハ110×3両


227D 

雨にしてはかなりの人出です。


C57180+ばんえつ物語


今日も立派な煙です。


機関車もしっかり磨かれています。

荻野ー山都




山都ー喜多方 小布施


強い風に無理があおられてしまった


草がきれいに枯れていて足回りもクッキリ

もっとも車輪はドレインで見えませんが



昼ごはん
いつも二日目は喜多方ラーメンです。

そしてまたまた食レポ失敗です。

つづく

2017年4月22日土曜日

アズマイチゲ・キクザキイチゲ

やはり福島の線路際で
待ち時間はたっぷりあったので
ブラブラ

白い花
花弁はたくさん
葉は楕円形

調べてみたら
アズマイチゲらしい

  






たくさんの一輪の写真を撮った後で
数輪の写真を一枚

よく見ると,葉の形が違うね。
葉はイチリンソウに似ているが
花弁が10枚以上なので違うね。

これは
キクザキイチゲかな?

2017年4月21日金曜日

磐越西線 4

山都から日出谷に移動

車での追いかけは当然ながら

制限速度はだいたい守る
民家のあるところでは厳密に守る
反対車線には絶対にはみ出さない
カーブはスローイン・ファーストアウト

の安全走行です。
はい!

えっ! 実際何キロで走ったのかって?
そんなこと言えない!
自白したら書類送検されてしまうし



安全走行で,10分ほど前に日出谷-鹿瀬に到着です。

後ろには雲に隠れた雪山

阿賀野川は雨のせいか濁流

白い煙を長ぁ~くたなびかせて通過

この下路式トラス
同行の仲間たちにはすこぶる人気が無く
今回も同行者は他の場所へ

おっとおひとり,来られましたが
さてどんな風にまとめられたのか
見せていただきたいところです。

このお方と一緒に撮影した時の成果物は
まだ見せていただいていないので・・・

下りの最終は三川駅先 
もやってます

出発では
ドレインの大サービス

機関助士が
「どうだい,この煙!」って感じで
右手を挙げて通過していきました。

この後は
近くの三川温泉でビールの時間です。

2017年4月20日木曜日

磐越西線 3

ばんえつ物語 再開

午後の下りは
会津若松15:25発とやや時間がある。

その代わり五泉で18時過ぎと
この時期では日の入り後となってしまう。

山都ー荻野間で午後をスタート
カメラをセッティングして,後はただ待つだけ
線路脇には雪が残る


早めの現着なのでDCで遊ぶ

233D キハ48523+キハ47512

朝の咲花で見た編成だね

時間があるので周囲をブラブラ

去年は線路際にカタクリが咲いていた。
今年は数輪咲いてはいたが
ほとんどがまだ葉だけ

その代わりフキノトウがたくさん芽を出していた。



フキノトウを収穫したりしていると
 
234D


キハE120-2+キハ110+キハ110-204 
 これも朝,咲花で見た編成です。 

遠くで汽笛の声がする。
きたね

枝が邪魔だった 

さあ追いかけるよ