2018年1月18日木曜日

雪国への入り口


神奈川から山梨県,長野県へ行くとき
三国峠越えで山中湖へ下るのがいつもの道

冬は三国峠周辺が凍結するので敬遠気味なのだけれど
今年は1月になってから暖かいので大丈夫かな?
の判断は正解でした。
峠周辺の凍結は無し,雪もなし,でした。

富士山にはきれいな真っ白な雪がたくさん



先週は雪が少ない富士山でしたが
この時はきれま雪景色
山中湖周辺は 冬景色 には今一つ迫力不足か



そんな中 山中湖の北側が凍り始めているようです。
最近では珍しいのでは
雪を抱いた南アルプスもクッキリ




4枚の写真を繋ぎ合わせせてパノラマ写真にしてみました。




右側にはジグザグ曲がる登山道が見えます。




三国峠から山中湖へ降りて河口湖,西湖,本栖湖を見ながら
甲府盆地へ向かいます。



つづく

2018年1月17日水曜日

雪国へ行く準備


雪国へ遊びに出かける前日
道具の整備をしなくっちゃ  と

前シーズン終了後,整備してからしまっておけばいいのですが
そこは不精もんなんで
終わったらほったらかしなんですね。
それども若いころはやったんですけどね
とちょっと言い訳

仕事していて忙しい時ほど時間がないのにもかかわらず
色々なことをきちんとやっていましたね。
暇になって時間があるとズボラになる
それが私です。

そんな訳でスキーの板を引っ張り出してきて,その整備です。



まず板のサイドのエッジを研磨です。

オレンジのホルダーに金属ヤスリが90°に取り付けられているで
ホルダーを滑走面に押し付けてサイドエッジを削ります。




次が滑走面エッジの研磨です。

棒ヤスリで研磨するエッジの反対側を紙数枚分持ち上げて
滑走面に傷が付かないように,雪面に対してエッジがわずかに上向くように削ります。



隙間はガムテープを何回か巻いたりします。

さあ 清掃後 ワックスの塗布です。
固形ワックスを使っています。 理由は???

まず固形ワックスを板の先端から後ろにかけて、こすりつけていきます。




ワックスが板になじむように時間を置いた後
スクレーバーでワックスの凸凹を削り取り、コルクで磨いてきます。



つまりコルクを押し付けて何回も往復すると、
摩擦熱で固形ワックスが溶けてホットワックスみたいなる ってことですかね

以前はこれを4本分やっていたので 大変でしたね。
スキー遊びに行く前に 
親父がそんなことしていた なんて子供は知りませんよね きっと

これがその道具一式



準備完了



これ 内緒ですけど 今真面目にやるのはこれOneSetだけ
あとはちょっと手抜き? いえかなり手抜き??
道具がわからない大人には それでよし! ってことで

さあ 出発を待つばかりです。
では 行ってきま~ぁす。

いいですか これ 内緒ですからね お願いしますよ

2018年1月16日火曜日

スーパーあずさ 新車両に3

昨日の続きです。

裏高尾から移動してきたここは 笹子駅の少し大月よりです。

大月-初狩間のカーブを覗いてみたけれど
冬は日陰が長く,線路は日向と日陰のまだら模様
列車もまだら模様になってしまうので ここはダメだね とさらに移動

日当たりが良く,上下線両方が見れてってところは・・・
ということで ここまで来ました。

ここはこんな所
新宿方はS字カーブ




甲府方は直線から右カーブ


どちら向きにも共通しているのが
架線柱,梁,ビーム,ケーブルが多くて ごちゃごちゃしている ってこと
つまり 列車写真にはイマイチなんですねぇ~ 本当は!

11:24 スーパーあずさ11号 S104編成? 12分遅れ



すごいでしょうご覧の通りの ごちゃごちゃたくさん なのです。
周囲には民家もあってすっきりしないところなので
車体中心に遊びます。



貫通扉 右下に「S104」の小さな文字があります。
編成番号でしょうか


80レ EH200-12







11:56 3008M かいじ108号



E257系の基本編成新宿方の貫通運転台は好みではないな。

12:07 83レ EH200-13 18分遅れ



下りの遅れはまだ続いています。

12:38 14M スーパーあずさ14号




12:44 2080レ EH200-6







連続遊びです。


13:04 15M スーパーあずさ15号



この「あずさ」は失敗しました。
来る前にイメージを描いていたのに 
列車が見えたらイメージしていなかったところでシャッターを押してしまった。
そしたら それ以降も全くダメ ダメ ダメ

朝7時前から6時間近くカメラ持ちっぱなし
そろそろ”やる気”が途切れたようなので
退散します。

2018年1月15日月曜日

スーパーあずさ 新車両に2


昨日の続きです。

昨日の「編成が入らなかった」一枚
最後尾が気に隠れて見えていません。



そのワンショット後の一枚
先頭車前面には木の枝が狩ってます。


ここまで先頭を引っ張ても後ろは木の陰から見えてこない。
あと数メートルで12両全編成が見えるのですけどね
残念




日が当たり始め,太陽の力はすごいと実感
一気に暖かくなりました。
列車が遅れてその情報収集に忙しくもなりましたが・・・

冬はこれからが本番,1月末から二月初めにかけてが一番寒くなるでしょう。
でも太陽の力は冬至以降強さが増しているような気がします。
気がするだけですが・・・

が・・・  が多いなあ

9:08 529M 18分遅れ




振り返って 空がきれいなので




9:10 5004M かいじ104号



これも振り返ってもう一枚


そんなことを繰り返しているうちに 東の空も真っ青になってきました。


9:12 2083レ EF200-901 16分遅れ



コンテナ貨物列車は あずさ12両より長くて
最後尾が木立の後ろに突き出ています。


久しぶりに見るEH200-901 
一時期「動かずに放置」などとの情報がありましたので心配しましたが
健在なご様子に ちょっと安心

これも 振り替えるとV字がきれいだったので 後追い




ここで移動です。

2018年1月14日日曜日

スーパーあずさ 新車両に

中央本線 新宿ー松本間を走るスーパーあずさ
先月の23日から新しい車両で走り始めました。
8往復中の4往復でまだ半分ですが,
3月17日からはすべてが新車両に変わる予定だそうです。

この新しい車両 E353系 といって
2013年8月に試作車が完成しましたがそれから2年半
やっと営業運転の開始です。
試運転は何回か目撃,写真も撮っていますが,営業開始後は今回が初めて

初めて とはいってもいつもと何ら変わることのない心情,行動ですけれどね

空が白み始めた朝6時半 裏高尾の線路際に到着
6:40に最初の一枚 朝焼けの現場 です。



えっ! こんなに暗いの?
はい 嘘です 写真は「うそつき」ですから
露出の設定,後からの画像処理で結構いじれますからね

その5分後 6:45にやってきた429M



5分しか違わないのに こんなに明るいなんて 
どちらかが画僧処理で
明るくしているか 暗くしている またはそのままのか なのです。


さらに 6:57 81レ



この時間になると日の出後なのでそろそろ嘘でない明るさになってきます。
築堤斜面は霜で白くなっています。


7:28 712M



山には日が当たり始めました。
ここはまだ しっかり着込んるので上半身は暖かですが
つま先がジンジンしてます。 
靴下も薄手,厚手の二枚履いているんですがね。 

今日の第一目標
1M スーパーあずさ 新宿→松本 JRE353系車両です。



12両すべてはぎりぎりで入りません。
この先3mくらいの所に枝が伸びていて先頭車の前面が隠れてしまうので
ここが限界なんです。

即 振り返って 通過後の後ろ姿です。


遠くの山には日が当たってます。 
ここは南には高尾山があってこの時期は中々日が当たりません。

8:12 3002M



 山に当たっている陽がだんだん下がってくるのが分かります。

8:32 1432M



8:47 4M
松本を6:51に出発したスーパーあずさ4号が もうここ高尾を通過します。



松本から2時間たらず 近くなりました




9:05 5M 22分送れ



編成の一部が木で隠されていますので,正確には12両編成すべてではないのですが
一応先頭車両と(”から”ではない)最後部の車両が(”まで”ではない)
収まっています。 



このあたりから下り列車が遅れ始めました。
どこかで,車両の異音による点検のため遅れが発生しているようです。


遅れが発生すると,いつもの時刻表を眺めるだけでなく
webのJR東日本アプリで旅客列車の遅れを調べたり
貨物チャンネルで貨物列車の情報を調べたり
作業が増えてのんびりできません。

折角陽が当たり始めて暖かくなってきて
さあ 日向ぼっこ だと思ったらのんびりできない。
便利とは忙しいことだ

続く




2018年1月13日土曜日

1973年 冬のネガ


箱根登山鉄道が写っているネガ

そのネガの最後の方にこんな写真がありました。



ご存知 小柳ルミ子




島田陽子




小林 麻美




誰だっけ? データベースによると
栗田ひろみ



フィルムデーターベースには「カメラチェック撮影」なんて書いてありますが
ホントかなぁ???

プレーボーイ かパンチの写真でしょうね たぶん
当時はパソコンなんてないし
コピー機はノートをコピーするもんだったし
こんなことして遊んでいたのでしょうか?

そういえば テレビのブラウン管に現れる 天地真理 の写真を撮って
サークル室にあったアルバムに年中貼り付けていた先輩
がいらっしゃいましたねぇ( ^)o(^ )

今 冷静に考えてみると
もしかしたら
私も その方と同類系だったのか?